ご挨拶

葉加瀬太郎からのメッセージ

音楽は聴くだけでなく、演奏することでその楽しさが一層広がります。
楽曲の背景、作者の想いを感じながら表現する…そして、演奏に対する評価や、演奏して喜んで頂けること。
この楽しさを、これまで味わったことのない皆さんに味わってほしい。

これまでヴァイオリン演奏は 堅苦しく、敷居が高いと感じていらっしゃった方も多いと思います。
しかし、ヴァイオリンは、もともと「気軽に、フリーなスタイルで、楽しみながら弾く楽器」なのです。

自分の好きな曲で、セッションに向けて、テクニックを磨くために、
クラシックの世界観を味わうため…どんな楽しみ方でもよいのです。
演奏することで、色々な楽しさに出会うことができます。

『葉加瀬アカデミー』は、私、葉加瀬太郎が校長を務めるオンライン・ヴァイオリン・スクール。
独自に開発したヴァイオリン練習メソッド「葉加瀬メソッド」をお届けします。
私のヒット曲やクラシックの名曲などを、私自身の解説動画やお手本動画をご覧いただきながら、
気軽にどこでもお好きな時間に、楽しみながら練習していただけます。

認定コーチによるレッスンや会員向けのコンサートなどを通じて、誰もが楽しく演奏するムーブメント、
コミュニティを皆さんと一緒に作っていきたいと思っています。

『葉加瀬アカデミー』校長 葉加瀬太郎

プロフィール

ヴァイオリニスト  1968年1月23日 大阪府生まれ。
1990年、“KRYZLER & KOMPANY”のヴァイオリニストとしてデビュー。
セリーヌ・ディオンとの共演で世界的存在となる。
1996年、“KRYZLER & KOMPANY”解散後ソロ活動開始。
2002年、自身が音楽総監督を務めるレーベル“HATS”を設立。
2007年秋、原点回帰をテーマにロンドンへ拠点を移し、膨大なクラシックスコアと日々格闘。
2013年には自身初となるドイツ・韓国・イギリス・アメリカの4か国を含むワールドツアー「TARO HAKASE World Tour 2013-JAPONISM-」を行い、独自の演奏スタイルとパフォーマンスで観客を魅了した。
2014年には、全都道府県を回るコンサートツアー「葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour“エトピリカ”」(全60公演)を成功させる。
デビュー25周年の節目の年となった2015年春、19年前に解散した“KRYZLER &KOMPANY”を再結成させ、アルバム「NEW WORLD」をリリースし、5月中旬より8都市10公演のコンサートツアーを行った。
ツアーファイナルには、19年前に解散コンサートを行った想い出の地、日本武道館に新旧のファン9,000人を動員し、大盛況のうちにツアーを終えた。
2015年8月、アルバム「DELUXE~Best Duets~」をリリース。超豪華アーティスト達との共演による楽曲で構成された25周年を記念する まさに“DELUXE”なアルバムである。
9月、全国ツアー「葉加瀬太郎 25th Anniversary Concert “DELUXE ~Best Selection~”」(50公演)をスタートさせ、全ての公演をSOLD OUTで成功させた。
2016年4月、「HATS MUSIC FESTIVAL Vo1 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストコンサート~」(全6公演)を開催。
ソロデビュー20周年を迎えた2017年、3年ぶりにフルオリジナルアルバムを8月にリリース。
9月からは48公演を数える全国ツアーを開催。

受賞歴

  • ・1991年 『第33回日本レコード大賞』 企画賞受賞(クライズラー&カンパニー)
  • ・1996年 『トゥ・ラヴ・ユー・モア』 第10回日本ゴールドディスク大賞 グランプリ・シングル賞受賞(セリーヌ・ディオンwith クライズラー&カンパニー)
  • ・2010年 『My Favorite Songs』 第24回日本ゴールドディスク大賞 INSTRUMENTAL ALBUM OF THE YEAR 受賞
  • ・2012年 『THE BEST OF TARO HAKASE』 第26回日本ゴールドディスク大賞 INSTRUMENTAL ALBUM OF THE YEAR 受賞
  • ・2013年 『BATTLE NOTES』 第27回日本ゴールドディスク大賞 CLASSIC ALBUM OF THE YEAR 受賞(→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎)
  • ・2016年 『DELUXE~Best Duets~』 第30回日本ゴールドディスク大賞 INSTRUMENTAL ALBUM OF THE YEAR 受賞

アドバイザーのご紹介

『葉加瀬アカデミー』では業界第一線の方に、指導内容、カリキュラム等へのアドバイスを頂き、
会員の皆様に最適な学習をご提供します。

教材監修 ヴァイオリニスト 澤和樹氏

1955年生まれ。79年、東京藝術大学大学院音楽研究科修了。「安宅賞」受賞。ロン=ティボー、ヴィエニアフスキ、ミュンヘンなどの国際コンクールに入賞後、ヴァイオリニストとして国際的に活躍。80年より文化庁在外研修員としてロンドンに派遣され、ジョージ・パウク、ベラ・カトーナ両氏に師事。89年、文部省在外研究員としてロンドンの王立音楽院に派遣され、さらに研鑽を重ねた。2004年、和歌山県文化賞受賞。東京藝術大学音楽学部教授、音楽学部長を経て16年4月より東京藝術大学学長に就任。英国王立音楽院名誉教授。