新着情報 & コラム

お役立ちコラム2018.02.19

【実際どうなの?】安価なヴァイオリンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは(*^^*)葉加瀬アカデミーです♪

こちらのコーナーでは葉加瀬アカデミーの情報をどこよりも近く、そしてリアルに発信していきたいと思います!

これからヴァイオリンを始めようとお考えの方や、お手頃価格のヴァイオリンを買おうかな、と考えている方へ、ドイツ国家資格ヴァイオリン製作マイスターから「安価なヴァイオリン」についての一言をご紹介します!

■■□♪―――――――本日のおしながき――――――――♪□■■

・職人気質のバッハ。国際ビジネスマンのヘンデル。

・【実際どうなの?】安価なヴァイオリンについて

 

職人気質のバッハ。国際ビジネスマンのヘンデル。

葉加瀬太郎・著「葉加瀬太郎の情熱クラシック講座」より

音楽の父、バッハ。音楽の母、ヘンデル。 職人気質のバッハ。国際ビジネスマンのヘンデル。 対照的な2人ですね。 実はこの2人、お互いの存在は知っていても、会ったことは一度もなかったようです。

バッハの楽曲は、小フーガト短調、G線上のアリアなどが有名です。
ヘンデルの楽曲は「ハレルヤ」で有名な、オラトリオ「メサイヤ」などがありますね。

時代に迎合した曲を多く残したヘンデルとは対照的に、バッハの音楽は普遍性があります。
今でもバッハは、毎日のように世界中で演奏されています。

ただ、世界中とはいうものの、バッハはプロテスタントの教会にずっといたので、今でもイタリアを始めとするカトリックの国ではバッハの作品はあまり演奏されないようです。

こうしたことは日本の方には、ピンとこないかもしれません。

日本では宗教的なこだわりはほとんどないから、どこでも構わずなんでも演奏しています。

ヨーロッパは今も変わらず、宗教の違いや人種の違いなどで、文化の受け入れられ方も違ってきます。

日本は、そういう意味では宗教的な背景なく、音楽的な価値だけで評価する。ニュートラルに全部の作曲家を受け入れることができる素晴らしい国だと、僕は思います。

葉加瀬太郎校長の解説動画もたっぷり!
葉加瀬アカデミーの魅力は>>コチラから

【実際どうなの?】安価なヴァイオリンについて

現在、各メーカー・販売店で初心者用ヴァイオリンが販売されています。

中には1万円台から購入できるものもあり、手軽にヴァイオリンを始めたいという人にとっては非常にありがたいですよね。

ですが、世に出回っている“安価な”ヴァイオリンの多くは、初心者の方がヴァイオリンを楽しめる作りになっていません。

「木材が振動しづらく音が響かない」

「プラスチック製のペグでチューニングしづらい」

「スチール弦からキンキンとした金切り音がする」

など、価格の安さと引き換えにヴァイオリンの魅力を味わえない商品が数多くあります。

魅力を味わえなければ演奏へのモチベーションがなくなってしまい、結局やめてしまいます。

せっかく「ヴァイオリンを弾いてみたい、楽しんでみたい」という思いがあったのに、やめることになってしまっては非常に残念ですよね。

ドイツ国家資格 ヴァイオリン製作マイスター 茂木顕

★茂木顕さんは、島村楽器の弦楽器部門責任者として、楽器の直接買付けや工房の運営等をこなすスペシャリストです。

島村楽器は、葉加瀬アカデミーのパートナー楽器店として、会員の皆さんをサポートしていただきます!

茂木さんは、葉加瀬アカデミーの教材内にある、楽器の準備やチューニング方法などの動画に出演していただきました。初心者の方にも分かりやすい解説動画になっております♪

モニター会員(無料)申込みは
>>コチラから

安価なヴァイオリンについて詳しくは
>>コチラから

島村楽器オンラインストアへ飛びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加