TOPICS & NEWS

COLUMN2018.04.06

「どのヴァイオリンを買えばいいの?」というヴァイオリン初心者のあなたへ 葉加瀬アカデミーおすすめのヴァイオリンセット!

葉加瀬アカデミーでヴァイオリンを始めたいけど、どれを買ったらいいか分からないし、何が必要なのかも分からない…そうお悩みのあなたに、葉加瀬アカデミーから初心者の方におすすめのヴァイオリン初心者セットをご紹介します♪

葉加瀬アカデミー 校長イラスト
*おすすめの理由*

その1 初心者の方でも手の届きやすいリーズナブルなお値段!

「手軽にヴァイオリンを始めてみたい」という方に満足してもらえるように、ビギナーズモデルながら一切の妥協を排除しました。

音色と弾きやすさ、そしてビギナーの側に立って考えられた「扱いやすさ」にこだわりを持って開発し、コストパフォーマンスの高いヴァイオリンセットが実現したのです♪

その2 音を出すためのアイテムが揃っているので、あれこれ悩まずにすぐに音を出せる!

演奏に必要なアイテムが揃ったセットなので、届いたらすぐに演奏ができます♪

バイオリン 初心者向け セット

Nicolo Santi NSN60S バイオリン 初心者セット
■ヴァイオリン:NSN60S 4/4サイズ
■弓:BV-101
■松脂:Hidersine 3V
■ケース
■肩当て
■¥42,984円(税込)

その3 安価なヴァイオリンにありがちな落とし穴が無い!

・「木材が振動しづらく音が響かない」
➡ニカワを使用せず、木工ボンドや接着剤でつくられたバイオリンは響きません。また、ボンドや接着剤でつくられたバイオリンは修理ができず、使い捨ても同然です(泣)

・「プラスチック製のペグでチューニングしづらい」
➡ペグに本来使われるべき材料(黒檀・ローズウッド・柘植など)ではなく、プラスチックや白木を黒く塗っただけの材料が使われていることがあります。これでは正確なチューニングはできません(泣)

・「弾いていると指先が黒くなる・・・」
➡フィンガーボードに黒檀が使われておらず、木材を塗料で黒く塗られていることで起こります(泣)

・・・など、価格の安さと引き換えにヴァイオリンの魅力を味わえず、初心者の方が使い続けるのが難しい商品が数多くあります。

どうしてこのヴァイオリン?

■ヴァイオリン:Nicolo Santi NSN60S(ニコロサンティ「NSN60S」モデル)

初心者向けおすすめバイオリン

YouTubeの人気チャンネル「釣りよかでしょう。」でも話題になった入門セットです♪

葉加瀬太郎校長も登場 釣りよかでしょう YouTube

POINT1 職人が手作業で調整♪

なんとこの価格で「単板削り出し」で製作!さらに鍛錬された職人が手作業で1本1本、丁寧に微調整するため、優しく美しい音色を響かせられます。また、ビギナーセットでも表現力が備わっており、音をしっかりと鳴らせます。

POINT2 4アジャスター内蔵型テールピース

通常、チューニング(音程の調整)はペグで行いますが、その補助としてアジャスターがあります。

本来アジャスターは、ペグだけでは調整が難しい、デリケートで細いE線(1弦)のみに装着するものですが、こちらの初心者セットでは、すべての弦にアジャスター内蔵型テールピースを採用しております!

バイオリン アジャスター調整

チューニングの微調整をアジャスターで行うことが可能なので、どなたにでも扱いやすいですね♪

葉加瀬太郎校長も、子どもの頃はすべての弦にアジャスターを付けていたそうです♪

葉加瀬アカデミー アジャスター

POINT3 ナイロン弦でやわらかい響きに ナイロン弦(VNS-260)

安価なヴァイオリンでよく使用されるのがスチールの弦です。安定性に優れ、チューニングの容易さが特徴ですが、しなやかさや音の柔らかさではどうしても劣ってしまいます。音色に金属的な印象を受けます。

こちらの初心者セットでは、スチール弦ではなく「ナイロン弦」を張ることで、安価なヴァイオリンにありがちな金属的なサウンドに陥ることなく、ヴァイオリンらしいやわらかな美しい響きが楽しめます。

各部分の素材

表板:スプルース/ニス:アンティークフィニッシュ(手塗り)
裏板:メイプル/ニス:アンティークフィニッシュ(手塗り)
あご当て&糸巻き:エボニー
テールピース:アジャスター内蔵硬化プラスチック製
弦:ナイロン弦(VNS-260)
駒:フランス製オーベルトNo.5

どうしてこの弓?

■弓:Carlo giordano BV-101 4/4 ヴァイオリン弓 4/4サイズ 【カルロ ジョルダーノ BV101】

管・弦楽器専門の国内商社のオリジナルブランド「カルロ・ジョルダーノ」のリーズナブルなブラジルウッド仕様のヴァイオリン弓です。弓は本来「フェルナンブーコ材」と呼ばれる希少な材料を使用するのが一般的ですが、ワシントン条約で輸出規制されているフェルナンブーコ材はとても高価・・・。

ですが、こちらのブラジルウッドは、フェルナンブーコ材と性質のよく似た「弓材に適したブラジルウッド」が厳選され、腰が強く質の高いヴァイオリン弓をお求めやすい価格で実現しています。

バランス、レスポンス、耐久性に優れた弓と言われており、初心者の方でも使いやすいです。

「すぐに始めやすい」だけではなく、「使い続けやすい」というのも、初心者セットならではの魅力ですね♪

こちらのヴァイオリン初心者セットはパートナー楽器店の島村楽器のオンラインストアでご覧いただくか、
>>>島村楽器オンラインストア

直接お近くの店舗へお問い合わせください。
島村楽器 公式ホームページ

おまけ
*…*…*対面レッスンをお考えの方へ*…*…*…*

もしも、対面レッスンの予定があり、ご担当の先生が楽器の詳細にとてもこだわる方でしたら、『イーストマン』という選択肢もあります。少しお値段が高くなりますが、先生のこだわりにも応えられる逸品です。

補足:
『イーストマン』のこだわりとは、本体自体のクオリティはもちろん、
①ドミナント弦セット
②KUN肩当
③ベルナルデル松脂
・・・の、バイオリン「3種の神器」とも呼べる(笑)、全世界でベストセラーとなっている必需品アクセサリーが標準装備されています♪

また、ご参考までに、「クラシック音楽発祥のヨーロッパの楽器で…」という方には、チェコやルーマニアなど東欧のヴァイオリンセットでしたら10万円前後、ドイツ製になりますと20万円台からのご案内が出来ます。

最後に島村楽器の担当者さまより一言です。

「店舗スタッフが、楽器の持ち方やお手入れの方法などを親切にお教えしますので、お気軽にお問い合わせ・ご来店下さい!

島村楽器のオンラインストアでご購入頂いた楽器でも、ご来店頂けましたら同様のサービスは喜んでご対応申し上げます。また、お近くの店舗のヴァイオリン専門スタッフご紹介をご希望の場合は、ご希望のエリアをおっしゃって下さい。」

>>葉加瀬アカデミー2週間無料トライアルにチャレンジ!