新着情報 & コラム

お役立ちコラム2018.08.01

葉加瀬太郎校長のケースの中身も公開。ヴァイオリンケースに入れておくと便利なグッズ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァイオリン本体・弓・肩当て・松脂・お手入れ用のクロス以外に、あなたのヴァイオリンケースに入れている小物はどういったものがありますか?今日は私がおすすめする、ヴァイオリンケースに入れておくと便利なグッズについて書いてみます!

■あると無難なもの

・ミュート(練習するときにご近所さんが気になってという方にはミュートを使用して練習することをオススメします)

※Lesson01-02-02 サイレント、エレクトリック、消音器

・チューナー(メトロノームとチューナ一体型便利です。今はスマートフォンのアプリでチューナアプリがあるのでそれを使っても良いと思います)

・交換用の弦(ごくたまに突然弦が切れてしまうといった時用に予備弦があると安心です)

・鉛筆、消しゴム(2B以上の鉛筆で楽譜に書くと跡が残りにくく書きやすいのでオススメです)

■状況に合わせていれると良いもの

・湿度調節剤(以前、梅雨のジメジメ対策として「ドライフォルテ」をご紹介しました。ドライフォルテは除湿専用ですが、1年間通してお使いいただける湿気と乾両方防いでくれるものと2タイプあります。)
※参考 ヴァイオリンの保管に適した除湿剤とは

・ペグコンポジション(こちらも梅雨対策としてご紹介しました。梅雨時にペグがいつも硬くなってるという方はお持ちいただくと重宝します)
※参考 ヴァイオリンのペグが湿気でまわりにくいときには?

■私のオススメの意外なグッズ

・爪切り(私の生徒さんが、「うっかり切り忘れた」とレッスン前に爪を切られている所を何回も目にしました。うっかりという時に安心です。)

・貼って剥がせる五線テープ(楽譜のめくりがうまくいかない時に次のページの音符を書いたり、五線譜外にちょっと五線が欲しい時、ふと思いついたメロディを書き留めておくなど、使い勝手抜群です)
>>貼って剥がせる五線テープ(Amazon)

・お気に入りの写真(憧れのヴァイオリン奏者の写真・先生と撮った写真・自分のお気に入りの写真をケース内の開けて目立つ所に入れておくと、ケースを開く度にモチベーションが上がることが多いのです。私も写真入れています♪)

葉加瀬アカデミー会員様用Lesson01-11-03で、実は葉加瀬さんの楽器ケースの中身も公開しているんです。ぜひご覧になってみてください。

正会員の方はこちらから全編ご覧いただけます。
>>Lesson01-11-03 楽器の保管(本体、弓)

※この記事は葉加瀬アカデミー専属ヴァイオリニストAyaさんの原稿を元に担当が編集しました。

>>葉加瀬アカデミー2週間無料トライアルにチャレンジ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加