新着情報 & コラム

お役立ちコラム2018.09.30

ヴァイオリンを調弦するときのコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァイオリンを弾く上で必須となってくるものが調弦です。音が狂っているヴァイオリンを弾いていても正しい音がずっとわからないままになってしまいます。

分数ヴァイオリン(サイズの小さなヴァイオリン)、セットヴァイオリンは全ての弦にアジャスターが付いている事が多いです。今回はヴァイオリンを弾き始めてしばらく経ち、通常のE線のみにアジャーが付いているヴァイオリンを手にした方向けに調弦についてご説明致します。

最初はペグを回すだけでもドキドキしますよね。怖がらなくて大丈夫です。ゆっくりやってみましょう!

ペグは変に力を入れすぎてしまうと逆に上手く回りません。コツとしては少し押しながら回すことです。ただ力任せで回してしまうとペグが勢いよく回ってしまい弦が緩んでしまいます。

特に梅雨の時期や雨の日は回りにくく更に弦も緩みやすくなってしまい音が狂ってしまう事が多いです。なのでスムーズに回りやすくするためにも、弦を替える際はペグコンポジションを毎回塗ることをオススメします。

最初はA線から音を合わせます。リサイタルではピアノのラの音、オーケストラではオーボエのラの音で合わせることが多いですね。あの緊張感が漂う時間が私は大好きです。ラの音をもらいA線を合わせた後、A線とD線、D線とG線、そして最後にA線E線と合わせていきます。

流石に初心者の方がいきなりこの方法で調弦するのはは難しいかもしれません。なのでまずは音を合わせる「チューナー」というものを用意しましょう(携帯のアプリにもあります)。

A線→D線→G線→E線

の順番に一本ずつ合わせていきましょう。

チューナーは色々な仕様があるので自分に合ったものを探してみましょう。メトロノームと一緒になったものもあるので一台持っておくと便利ですよ。

葉加瀬アカデミーでは動画で丁寧に調弦(チューニング)のやり方を説明していますUNIT1SET5のチューニングです。


葉加瀬アカデミー Lesson01-05-03 チューニングの方法

難しそうな調弦。しかし調弦もヴァイオリンを弾く上で大切なものです。是非マスターしてみてください!

 

※この記事は、葉加瀬アカデミー専属ヴァイオリニストMarinoさんが書いた原稿を、担当者が編集したものです。

>>葉加瀬アカデミー2週間無料トライアルにチャレンジ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加