新着情報 & コラム

お役立ちコラム2019.03.26

ヴァイオリン奏者も準備運動が大事!練習前や本番の演奏前の体のケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。葉加瀬アカデミー専属ヴァイオリニストのAyaです。

皆さんは練習前や本番の演奏前に、「これは絶対行っているよー!」という体のケアなどはありますか?スポーツ選手が必ず準備運動をするのと同じように、ヴァイオリン奏者もストレッチなどを行わないと肩こりや腰痛の原因になってしまうことがあります。

●体のケアをしないとどうなる?
楽器の組み立てをしたりチューニングをしたりと案外準備には時間がかかりますよね。それだけで意外と身体は緊張状態になります。全ての方がそうとは限りませんが、それが蓄積されると肩こりや腰痛に繋がってくるのではないかと思います。

●具体的に体のケアって何をしたらいいの?
人によって様々ですが、私の周りで一番多いケアの方法はストレッチです。身体の血行を良くしてリラックス状態にすることにより、「楽器がひきやすくなった」「肩こりが激減した」「楽器を支えるのが辛くない」などと目に見える効果を発揮します。その他にヨガも良いですよ。

●自分流のルーティーンを作る
舞台に上がると緊張してしまう…そんな経験は誰もがあると思います。ドキドキを抑えるという意味では普段から同じことを行う自分流のルーティーンを作ってしまうのもオススメです。
という私は「ストレッチをする→指先を温める(ホッカイロ)→深呼吸をする」というのが最近のルーティーンになっています。ストレッチの内容はその日の身体の疲れ具合を見て、念入りにその部分を伸ばしたりしています。私は猫背になりやすいので、胸を開いて伸ばすというストレッチを多く取り入れています。自宅で練習するときは、その時の気分に合わせて又はひく曲の雰囲気に合わせてアロマを焚いて練習をしています。匂いで癒され身体も自然とリラックス状態になることができています。

楽器をひいた後に身体が不調とならないよう、ひくまえの身体のケア方法をぜひご自身でみつけてみてください!習っている先生に身体のケア方法を聞いてみるのも何かヒントになると思います。

※この記事は、葉加瀬アカデミー専属ヴァイオリニストAyaさんが書いた原稿を、担当者が編集したものです。

>> 今だけ、葉加瀬アカデミー 2週間お試し体験実施中! 初心者も安心なヴァイオリンレンタルもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加