バイオリンケースにはどんな形のものがあるの?

こんにちは。葉加瀬アカデミー専属バイオリニストのMarinoです。

世の中には迷ってしまうくらいたくさんの種類のバイオリンケースが出回っております。
今回は自分に合ったバイオリンケースを見つけて頂けるように少しご紹介したいと思います。

「バイオリンケースにはどんな形のものがあるの?」

バイオリンケースには大きく分けて「ひょうたん型、三角型」と「角形」の2種類の形のものがあります。
ひょうたん型、三角型のケースはバイオリンの形に沿ったケースで角形に比べるとコンパクトですが、
楽譜をケースに入れられないというデメリットがあります。

一方、角形のケースは楽譜を収納できるのはもちろんですが、とにかく収納力が抜群です。
しかしながら、どうしてもひょうたん型に比べると大きくなってしまいます。

また近年では、飛行機に搭乗する際の手荷物制限が厳しくなり、角型のバイオリンケースですと機内に持ち込むことができません。
ひょうたん型、三角型のケースもサイズによって難しいものもあるので飛行機に乗る際はサイズをしっかり確認しておきましょう。

「バイオリンケースの材質はどんな種類のものがあるの?」

バイオリンケースには大きく分けてセミハードケースとハードケースのものがあります。
セミハードケースは布やナイロンが、貼ってあるケースのことです。
ハードケースに比べて軽量で価格もリーズナブルなものが多くなっております。

ハードケースはとにかく頑丈です。
セミハードケースに比べて色の種類が多くデザイン性もあります。
少々お値段は張ってしまいますが電車など公共の場で持ち運びをすることが多い方は強度の強いハードケースをオススメします。

また重量も重要となってきます。
お店で実際に背負ってみて自分の体にあった背負いやすいものを是非探してみてください。

「こんな便利なグッズもあるんです♪」

最近はケースにつけることができる楽譜ケースが販売されております。
取り外しも簡単なので便利です。
楽譜サイズのものが入る大きなバッグを持たなくて済みます。

そしてバイオリンケース用のレインコートも販売されているので雨の日に着用すると安心なのでこちらもオススメです。

いかがでしたでしょうか?
たくさんの楽器ケースが販売されているので是非お気に入りのものを見つけてください。

※この記事は、葉加瀬アカデミー専属バイオリニスト Marinoさんが書いた原稿を、担当者が編集したものです。

ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月
新着記事