バイオリンを弾くときの姿勢について

バイオリンを弾くときの姿勢は、普段の生活ではあまりしない特殊な姿勢となります。さらに、一生懸命バイオリンを弾いていると、力が全身に入ってしまい体が固くなってしまいがちです。

体に力が入ると良いことは1つもありません。体を痛めてしまうこともあります。そうならないためにも力が入らないように脱力を心がけることがとても大切なのです。

「脱力する」ことは言うのは簡単でも実際には難しいことです。バイオリンを構える前にぶらぶらーっと全身の力を抜いてから構えるなど、自分なりに力の抜き方のコツをさがしてみましょう。

バイオリンを弾く事が楽しくて長い時間練習することはとても素晴らしいことです。でも、正しい姿勢を保つとともに、体の負担にならないよう、休憩をとりながら練習してください。

脱力するには正しい姿勢が大切!!ということで葉加瀬アカデミーでは校長自身がバイオリンを弾く姿勢について説明しているレッスンがあります。

Lesson1-6-1「姿勢」です。是非ご覧ください♪

※この記事は、葉加瀬アカデミー専属バイオリニストMarinoさんが書いた原稿を、担当者が編集したものです。

ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月
新着記事